CMS導入のポイント

Bookmark and Share

CMSの導入を失敗しないために、必ず押さえておきたいチェックポイントをご紹介します。

Webサイトで実現したいことは何か

まずはWebサイトの目的を決めましょう。
売上のアップ、IR賞の獲得、優秀な人材の獲得など、何を実現したいかによってCMSの選択肢も変わります。

どのページを更新していく必要があるか

目的が決まったら、どのページをどんな頻度で更新したらよいか、または更新する必要があるか、考えましょう。

頻繁な更新が必要なページの例

  • 製品紹介
  • ニュースリリース(プレスリリース)
  • イベント情報・お知らせ
  • IR情報の資料(四半期ごと)
  • 採用のセミナー情報、社員紹介

ちょっとした修正が多いページの例

  • 会社情報の支店の連絡先や住所修正
  • 採用情報の社員紹介の人物入れ替え

更新するページはフォーマットが統一できるか

キャンペーンなど、都度デザインが必要なページは、CMSよりも制作会社に依頼したほうが、より効果的なページになります。
CMSで更新するのに向いているのは、フォーマットが決まったものや、ちょっとした修正などです。

更新者はだれになるか

更新したいページが決まったら、そのページを更新させたいのは誰か、また何名くらいになりそうかなどを想定してみましょう。
更新者の負担も考えて、実現可能かも見極める必要があります。

更新して公開するまでにチェックする必要はあるか、またはチェック者はだれか

担当者が更新したら、その後はすぐ公開でもいいですか?
または誰かにチェックしてもらう必要があるでしょうか。

サーバは現状のままか、移転可能か

CMSによっては専用サーバが必要な場合もあります。
自社サーバで運営したいか、移転も可能かは、あらかじめ決めておく必要があります。自社サーバでの運営の場合は、サーバの性能により、導入できない場合もありますので、ホスティング会社、または情報システム部門への確認が必要です。

 

お問い合わせ・デモのご依頼は、お気軽にご連絡ください! 電話:050-3481-7119、またはお問い合わせフォームをご利用ください。

ページの先頭へ戻る